台湾のこと、2日目:桃園、孫先生の工房①

朝から雨もよう。

f0281768_16262950.jpg

お昼前に、ホテルのロビーで馬(マ)さんと待ち合わせ。
馬さんの教え子である翁(オウ)さんと4人で、桃園市へ向かいます。
目指すは、孫(ソン)先生の工房。

台北駅で駅弁を買いました。
列車で30分。
こういうローカル旅がいいー。

f0281768_16402126.jpg


駅からタクシーに乗って、2連泊する「原鶴ホテル」へ。
チェックインして、孫(ソン)先生の車で工房へ。

工房では、7,8人の生徒さんが手仕事をしていました。
竹を削っていたり、帯状のものを織っていたり。
みんな、若い人たち。

孫先生の特別講義のはじまり。
ここから最終日まで、ほとんど写真を撮っていない。
話を聞くのと、メモを取るのに一生懸命。

f0281768_11560468.jpg


上が、タイヤル族の機織り道具。
下は、ブヌン族の機織り道具。
どちらも箱状になっていて、細かい道具を中に仕舞えるようになっている。

f0281768_16262946.jpg
タイヤル族の機織り道具。
輪状式の織機。
上手の箱状のものが、経送具。
地機でいうとタテ糸が巻かれる「オマキ」と、足を置く「踏ん張り板」の役割をする。

f0281768_18102755.jpg
生徒さんが織っていたのは、腰あてになる帯状の布だった。
孫先生の工房では、道具から自分で作る。

f0281768_16263067.jpg
古い腰当て。
籐(ラタン)で出来ている。

f0281768_16263098.jpg
お腹のほうでタテイトを挟む、布送具。
「マエガラメ」的なもの。
模様が刻んである。

同じような形のものが、日本の弥生時代の遺跡からも出土している。
地機、以前の、古い形の機。
日本では見られなくなった輪状式の織機が、台湾には今でも残っている。

f0281768_16255639.jpg

ブヌン族の機織り道具。

箱状の部分の、木材の話。
タイヤル族は、堅くて重い木を。
ブヌン族は、軽い木を使う。
それは、タイヤル族は、刺繍で模様を、
ブヌン族は、綜こうを多用して模様を織る、という違いからだという。
それぞれの作業をしやすいように、材質が選ばれている。

f0281768_16263026.jpg

男の人が、小動物などの獲物や、薪を運ぶための、背負い袋。
紐の結び方がいくつかあり、袋の形にバリエーションがある。

f0281768_16263020.jpg
角がある、大きなものも運べるし、

f0281768_18000891.jpg
丸いものも運べる。
四角い布と紐の、シンプルな組み合わせで、無限の利用ができるよう。

f0281768_16262944.jpg
編み物の道具。
いろんな種類がある。
いろんな世界がある。

・・・つづく・・・








# by morinokasumi | 2017-03-26 19:28 | 暮らし

台湾ー福井ー日常 台湾のこと、1日目。

シショー、一生懸命に原稿を書いています。
普段から積み重ねているものがあるから、書けば書ける。
でも、いつもぎりぎり・・・。
わたしは、お茶をいれたり、書いたものの誤字脱字をチェックしたり、静かに応援しています。
意味が分からない言葉や分かりにくい内容にも、チェックを入れて、とシショー。
そこには、言葉の解説が入ったり、より丁寧な説明を書き足す。
誰が読んでも、内容が伝わるように、書いています。

台湾に、約一週間行ってきました。
前回の旅でもお世話になった、馬さんの案内。
普通ではできないような、貴重な出会いと体験がありました。
少しずつ、ふり返ります。

台湾1日目。
お昼過ぎに到着。
前回の滞在とは違う場所だけど、また台北駅の近く。
よく晴れて、あたたかい日。

f0281768_11431818.jpg


チェックインした後、日曜日に開催される、花市へ。

f0281768_11431869.jpg


とっても賑わっていました!
歩くのが大変なくらい。
あたらしい週にお家で飾るお花を、みんな買いにくるのかな。
こんなにたくさんの人が、日常のお花を買いに来るの、いいな。

f0281768_11431884.jpg


さすが南国、立派に咲いた、蘭のお店がたくさん。

f0281768_11431978.jpg


かすみ草は、あまりたくさん見かけなかった。

f0281768_11431812.jpg


多肉植物の特設ブース。
他のお店にもたくさん置いてあって、人気があるよう。

f0281768_12050041.jpg


きれいー。
ブーゲンビリアやさん。
夢のようだ。

f0281768_12043067.jpg


雑貨屋さんもある。

f0281768_11431918.jpg



食べ物やさんも。

f0281768_12143562.jpg


犬を連れたひと、コブタを連れた人もいた・・・。

f0281768_12151149.jpg


夕方にホテルに戻って、近くの小さな食堂に。
おいしくいただきました。

f0281768_12154110.jpg


夜は、前回も行ったマッサージやさんに。
これが、台湾旅の楽しみのひとつ。
前と同じお兄さんに、1時間半、丁寧に施術してもらいました。
満足(^^)


# by morinokasumi | 2017-03-25 12:28 | 暮らし

すてきな布。

アンギンのことを、すてきな布、と表現する。
まずそのことが、いいな、と思った。

伝統とか、技術とか、そういうことでなく、アンギンそのものを、誰もが身近に感じて、たいせつにしたいと思えて、すきになる。
そういうタイトルであり、展示だったなと思います。


f0281768_21432639.jpg

ひとつ思うのは、
アンギンが、この限られた場所に、あった(残った?)ことの意味。

f0281768_20061094.jpg


展示を見た5日後、講演会を聴講しに、再度訪問。

「張力をかけたタテ糸にヨコ糸を組み合わせたモノ」
を織物と定義する吉村先生のお話。
わらじも織物・・・!
刺激的でおもしろかったです。

発見されたアンギンが、すべて「ひとつ飛ばしのタテもじり組織織」となっていること。
織りの機能としての、利点。
素材とその加工方法に関しても。

その土地にある素材を使って、その土地で使うものを作る。
自分のからだを使って、自分の暮らしのためのものを作る。
からだの持つ能力と感性の豊かさが生かされた、暮らし。
そういうものを手元に戻すこと、ひとりひとりが、手仕事へ回帰すること、と、先生。
職人や匠の技、だけでなく。

素材も、技術も、そのためにそれをやるのではなくて、
そこから、社会や、生きかたを考えていく。

f0281768_21450504.jpg



そして今日は、お誘いいただいて、「たこ焼き・わたあめパーティー」\(^o^)/
コツを教えてもらいながら、生地をひっくり返しました。

f0281768_21453582.jpg

まんまる、かりかり、ふわふわ~の、おいしいたこ焼き♪
いっぱい食べたー!

f0281768_20053147.jpg

たこ焼きもわたあめも、おいしさだけでなく、作る楽しみも味わいました(^^)

f0281768_20053179.jpg

→ シショー(老師)のブログ 記憶の森を歩く(菅家博昭)



# by morinokasumi | 2017-03-06 21:40 | 暮らし

糸。

糸を績んでいます。
昨年につづき、アサの糸。
おぼけをひっくり返して、繋がった糸のかたまりを出すと、こんな感じ。

f0281768_10411403.jpg


上にのっている新聞の切れ端は、糸のはじまりの目印。

f0281768_10411562.jpg


績んでいるのは、太めの糸。
太めの糸は、糸じたいも、布にしても、
草の繊維、という雰囲気が感じられるところが、いいなぁと思う。

そして、野菜でも花でも、産地というのは、
そのものを、豊かに自由に、利用できる場所。

ざっくりとした、ほんのり厚みのある布。
昭和村の布だな、という感じがする。
暮らしのなかで生まれ、使われた布。



# by morinokasumi | 2017-02-20 18:55 | 暮らし

雪。

シショーが屋根に上がって、雪下ろし。
ぐしのところの雪が一気に落ちると、電線が切れてしまうかもしれない、ということで、
木のヘラで雪をつついて、少しずつ落とします。

f0281768_19015160.jpg


屋根にまたがるなんて。
乗りものにのって、どこかへ向かっているみたい。

f0281768_19015080.jpg

ある日は、家の裏の山の神さまのところへ、かんじき履いて行ってみました。
鳥居のあたまのそばを歩くなんて、ふしぎな気分。

f0281768_19015030.jpg


雪をこぎながら、上がっていきます。
道なき道。

f0281768_19015056.jpg


振り返ると。
スキー場みたいだなー。

f0281768_19015128.jpg


先頭交代、とシショーが言って、今度はわたしが前を歩きます。
一歩踏み出すたびに、ぐうっと膝まで沈む足を、
よいしょっと持ち上げて、また一歩。
息が上がる。
でも、たのしい。

お宮が見えてきた。

f0281768_19015159.jpg


これは、なんの足跡でしょう。

f0281768_19015199.jpg


正解は、
カモシカ。
沈まないように、じょうすに歩けるんだなぁ。

f0281768_19015121.jpg


お宮の前まで、着きました。
一度下ろしてあるのだけど、またここまで積もった。
去年とは違って、今年はやっぱり、雪が多い。

f0281768_19015157.jpg


ようこさんは木の下にいて、と言われ、シショーはお宮の屋根の雪を落とす。
すると、ぶわっと大きな風がきた。
あぶない、という気がした。
山の方を見て、まさか雪崩はこないし、と思っていると、
揺れる木々から雪のかたまりが、ぼさぼさ落ちてくる。
こわくなって、木から離れなくては、とシショーの方へ。
そしたら、後ろからあたまにものすごい衝撃。
おおきな雪のかたまりが、直撃しました。
もうちょっとしたら、脳しんとうかも・・・と思うくらい。
びっくりしました・・・。

ぼうぜんとするわたしに、シショーは、
木の根元にいるほうが、安全でしょ、と。
たしかに・・・。
でも、こわくて思わず逃げてしまいました。

山が教育してくれてる、と。
山に入ると、山の教育が施される。

f0281768_19015032.jpg




# by morinokasumi | 2017-02-19 09:31 | 暮らし