からむし、はじまり。

かすみ草の出荷が少なくなって、からむしのことをやる隙間が、できてきました。

まず、山の神さまへご挨拶。
これは、自分のなかの決まりごと。

f0281768_19415883.jpg


今日からはじめます。
よろしくお願いします。
それから。
暑気でお休み中のセイイチさんが、早く元気になりますように。

いつもと違うこと、神さまに伝えて、胸がつまった。
当たり前じゃないってことが、改めてこころに刺さる。

f0281768_19415838.jpg


今年の、おあたごさままつり。
いつからか、ミヨコさんが登らなくなり、いつからか、セイイチさんが杖をついて登るようになり、
今年は、「先に行け」って、ゆっくりゆっくり後ろを歩くようになった。

f0281768_19552086.jpg


「おあたごさまに、登らなかったって年はある?」
「ねぇなぁ。80年は登ったぞ」

f0281768_20325748.jpg


というわけで、ひとりで刈り取りへ。

f0281768_19415823.jpg


ここ5年くらいは、ほとんどセイイチさんにやってもらっているから、手際が悪い・・・。
約一時間、汗だくで刈り取り。

f0281768_19415812.jpg


池につける。
これだけ雨が降ってないのに、よく山の水が切れずに来てくれるなぁと思う。

f0281768_19415994.jpg


ヒキバの準備。
今まで苗のハウスで引いていたけど、やっぱり暑くて、今年は小屋のなかにこしゃって(作って)もらった!

f0281768_19415970.jpg


今年は、バンジョーのヒキイタを使う。
亡くなったあと、娘さんからいただいて、でも、去年はもったいなくて使えなかった。


f0281768_19415830.jpg

からむしには、いろんな人の存在が重なっている。
だから、たいせつなんだと思う。


# by morinokasumi | 2018-07-24 21:06 | 暮らし

畑で咲く花が、いちばんきれい。

マイピンク、初出荷。

かわいいなぁ、って、思わず声が出る。
今年も手がけることができて、うれしいな。

f0281768_07534489.jpg


マイピンクは、自然のやわらかいピンク色と、つぼみがかわいい。
つぼみを愛でる品種。

f0281768_07534493.jpg


この間出会った、トマト農家のおじさんが、
育った場所で食べるトマトが、いちばんおいしいって言っていた。

かすみ草も、畑で咲いている姿が、いちばんきれい。

f0281768_07534401.jpg



# by morinokasumi | 2018-07-02 08:06 | 暮らし

布の旅立ちを、見おくる。

布が織りあがって、

f0281768_08125360.jpg


友達に頼まれていた、のれんができました。

f0281768_08130268.jpg


それを昨日、おさめてきた。
三島町のゲストハウス「ソコカシコ

f0281768_08130213.jpg


かけてみると、すっとお店に馴染む感じがして、うれしかったなぁ。
そして、ほっとした。

f0281768_08130243.jpg


夕飯をごちそうになって、帰り。
あ、置いて帰るんだ、って。
ぐっと、寂しさが湧いてきた。
ガラス越しに見たとき、自分の手を離れて、もう布のあたらしい生き方が始まっていると思った。

f0281768_08130207.jpg


これはまだ、タテイトがわたしの腰と繋がっていたとき。
一心同体。

f0281768_08124831.jpg


寂しくもあり、自立した姿が誇らしくもあり、祈るように見送った。

台湾の原住民族が、織りあがった布を子どもに例える感覚を、
わたしもはじめて、すこし味わったような気がする。

f0281768_21022912.jpg


のれんは、ほのぼのしたみさわさんが、ほのぼのと頼んでくれた。
わたしに頼んでくれるんだなぁって、まずはそのことが、うれしかった。
あまり器用でもないので、縫製にも戸惑ったし、
織った布にこんなに思い切ってハサミを入れるのも、はじめてだった。
あとあとになって、大事な場所に置いてもらうことのプレッシャーもわいてきて、
ふさわしいものができるのかも、不安だった。

昭和村に来たときからのからむし先生トキイさんの、
「地機(じばた)で織った布の感じだなぁ」のことばが、うれしかった。
いつも相談に乗ってくれて、励ましてくれた、友達がいて、
出来上がった布を、瞳を潤ませて、喜んでくれる人がいた。

布は、おまけのようで、なによりも、そういうことが、宝ものだなぁと思う。
みさわさんが頼んでくれたから、歩めた道のり。
ありがとさん。


# by morinokasumi | 2018-06-26 21:54 | 暮らし

夏の星がめぐってきた。

明日、今年初出荷です。

f0281768_20251853.jpg


久しぶりの、かすみ草のかおり。
あたらしい血が、どくんどくん、流れ出す感じがした。
あー来たなぁ、って。
はじまるはじまる。
気持ちが走り出すけど、ゆっくり行こう。

どんどん咲いて、埋もれるくらいになって、ちょっともうそろそろいいです・・・という気持ちになるところは、
雪に似てる。
でも、最初の一片が、ものすごく透き通っていて、何度目でも、うれしくて、感動してしまうのも、雪に似てる。
その透明感に、自分が洗い流されて、何かが吹き込まれるような。

あ、からむしも、それと似てる。

空からの白と、地からの白。
季節とこころをめぐる、白。


# by morinokasumi | 2018-06-17 21:02 | かすみ草

はじまりのかすみ草。

咲いてきました。

繰り返しているようで、いつも、あたらしい。
はじまりの花は、なつかしくて、あたらしくて、いつも特別なかんどうがある。


f0281768_08254243.jpg


さぁ今日は、雨が降ってくれるかなー。
基本的に、じょうろで手かんすいの我が家。
今年は、水やりで手にマメができた。
こんなのはじめて。

f0281768_07490224.jpg


畑を歩きながら、一株一株に、じょうろで水をやる。
生育を見たり、虫や病気がないか、観察すること。
それが大事なんだ、とシショーは言う。
でも、手も腰も痛くなるし、今年は特に回数が多くて、キツイ。
もっと動力噴霧器を使おうよ・・・と弱音をこぼすわたし。


f0281768_07490212.jpg



高千穂で出会った、農家のおじさん。
朝畑に行けば、育てている花にあいさつをする。
病気や虫にやられないで元気でいてくれることに、お礼の言葉をかける。
花と話して、声を聞いて、会話できるようにならない、と。

おじさんのぴかぴか笑顔と、その話を聞いて、
あーじょうろでの水やりは、その時間なんだな、と。


f0281768_07490381.jpg


きれいに咲いてくれて、ありがとうね。
この夏も、よろしくお願いします。


ちいさな星がまたたく、天の川みたい。


# by morinokasumi | 2018-06-15 08:18 | かすみ草